たるみ毛穴ってどんな毛穴

2016年12月26日

たるみ毛穴ってどんな毛穴



さて、今回のテーマは、たるみ毛穴。
たるみ毛穴の改善には、普通のスキンケアではなく、エイジングケア対策が必要なんです。

たるみ毛穴に悩む女性

毛穴の肌トラブルには、黒ずみ毛穴や詰まり毛穴など色々とありますが、
たるみ毛穴は、「たるみ」と「毛穴」という2つの肌悩みが重なったもの。

では、色んな毛穴の中でたるみ毛穴の特徴は?

・30歳〜35歳ころから縦長や涙型の毛穴が目立ってきた
・なんだか毛穴と毛穴がつながっているような気がする
・洗顔や保湿を正しく行っても毛穴が改善しない

などの場合は、たるみ毛穴かもしれません。

たるみ毛穴が怖いには、顔のたるみの前兆だから。
なぜなら、たるみ毛穴も顔のたるみも原因が同じで、小さな症状がたるみ毛穴の場合があるのです。

たるみ毛穴の原因を改善したい女性

たるみ毛穴の原因は、

・真皮の衰え
・皮下脂肪の肥大化
・表情筋の衰え

です。

たるみ毛穴は、お肌がたるんでいることで毛穴が目立ってしまうのです。
エイジングケア化粧品でもこれらは改善できませんが、予防は可能です。

30歳を超えたら、コラーゲンやエラスチンにアプローチするナールスゲンやネオダーミル、
ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体が入った美容液などを使うことがオススメの方法です。

これらの美容成分がすべて配合されているのが、エイジングケア美容液ナールスネオ。
さらに、セラミドやプロテオグリカンも入っていて、お肌の潤いもしっかりサポート。

目元・口元専用美容液ですが、たるみ毛穴のケアにも使える美容液です。
ところで、たるみ毛穴の改善の対策は、他にもたくさんあって合計10個あるのです。

「エイジングケアアカデミー」をオススメする女性

そんなたるみ毛穴について、詳しくは、エイジングケアアカデミーにアクセスして、「たるみ毛穴を改善するエイジングケア!原因・症状と10の対策」をご覧くださいね。

ナールスエイジングケアアカデミー「動画でワンポイントエイジングケア」の「たるみ毛穴」のコーナーでした。

化粧品で失敗しない方法

2016年06月06日

化粧品で失敗しない方法



こんにちは!!
みなさん、本当に自分の肌に合った化粧品を使っていますか?
今では、安い物から高い物までたくさんの種類があります。

たくさんある中で悩んで決めたのに、失敗した!
なんてことは良くある話ですよね。

今、どんな肌の状態なのか・・
どんな悩みがあるのか・・

みなさん、それぞれ違うと思います。
まずは肌の状態、悩みの原因から探っていきましょう!!

肌の状態、悩みの原因が気になる女性

乾燥肌は、加齢とともに増えます。皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、角質細胞間脂質(セラミドなどの脂質)が減ってしまうことで、保湿するのが不十分となり、脂肪が少なく、水分も少ない。かさつきが気になるタイプのこと。

「肌の乾燥」「肌のたるみ」が原因といわれているほうれい線
「たるみ」は皮膚よりも深い部分にある筋肉の衰えで、脂肪をささえきれなくなり、垂れ下がりたるみになります。

また、お肌の細胞にあるコラーゲンやエラスチンが減ることで、
お肌の厚みが減って、脂肪などの皮下組織の重みを支えることができなくなります。

毛穴の黒ずみの正体は、毛穴から分泌される皮脂と古い角質が混ざったもの。

毛穴の黒ずみに悩む女性

また、真皮の老化(コラ−ゲンの減少)、皮脂の過剰分泌などが原因。
脂っこい食事や睡眠不足の方は、皮脂を増やし、毛穴を目立ってしまいます。

肌に透明感がない、血色が悪いなどのくすみタイプ。

肌の色は、皮脂を構成する乳白色の真皮と半透明の表皮、メラニンや血液などの色が混ざりあうことで構成されています。

老化や肌荒れなどで角層が厚くなると、メラニンの影響を受けて肌色が悪くなったり、血行が悪くなるのが原因です。

など、ほかにも肌の悩みなど抱えている方はいると思いますが、
原因を探し、それに合ったスキンケアをすることが、失敗しない近道なんです!

目元のケアは専用美容液を!

2016年04月20日

目元のケアは専用美容液を!



「コスメ比較ランキングを考える」のブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。
いろいろ、コスメや美容について情報発信していきます。

さて、女性なら誰しも身だしなみとしてスキンケアは必ず行っていますね。
だから、何かしらのコスメを使って、毎日、朝と夜とお手入れをしています。

朝と夜のスキンケアを行う女性

それだけに、お肌にトラブルが起きると気持ちが落ち込んでしまいますよね。
顔にできてしまうお肌のトラブルは、メイクなしでは、隠しようがない場合が多いので、回避したいのが当たり前ですね。

そんな顔のお肌でも、目元は人目につく場所ですし、皮膚自体が薄くデリケートな部分なので、スキンケアを施す時も、気を使うことが多い部位といえます。

また、目元は、表情の変化に伴って、よく動く部分です。
メイクも集中させる場所ですので、皮膚に負担がかかりやすい場所ですが、目元の肌トラブルは、老いた印象に直結しかねません。

目元の肌トラブルに悩む女性

実際年齢より若々しく見せることができるように、目元にしわなどができないよう、念入りにスキンケアをするようにしましょう。

ランキングなどより、肌タイプに合わせて化粧品を選択し、肌に負担をかけないようにケアすることが、お肌のトラブル回避には必須です。

乾燥肌や敏感肌など肌質に適したスキンケアコスメはたくさん販売されているので、しっかりした知識さえあれば、自分に最適のコスメを選択できるようになっています。

もちろん、目元ケアをしたい人のための、美容液も販売されています。
そんな美容液を、目元美容液と呼びますね。

目元美容液のイメージ

専用の化粧品を上手活用することで、生き生きとした目元を保てるようにするといいでしょう。
目元専用の美容液では、目元の肌トラブル対策に効果がある様々な栄養成分が含まれています。

血行不良で青いクマができる人、色素沈着によって茶色いクマができる人は異なる栄養素が必要です。
目元に小じわができる場合は、皮膚のたるみが原因ですので、お肌のハリを取り戻す美容液が必要です。

この頃は、ネット通販や、コンビニなどでも気軽にスキンケア用品が買えますが、売り上げがよくても自分の肌には合わないものもあります。

目元のケアをする場合は、自分の肌質や、求める効果をきちんと認識した上で、化粧品を選択しましょう。

< 1 2 3 4 5 6 7
プロフィール
管理者:コスメの神

趣味:美容
特技:コスメ比較
2018年 12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集