1年中使えるエイジングケアハンドクリーム!ダマスクローズ配合のナールスロゼ

2017年02月21日

ダマスクローズ配合のナールスロゼ



「ハンドクリームといえば冬の手荒れケア!」という印象が強いですよね。
確かに冬は乾燥の季節であり、手肌も乾燥しがちです。

特に、水仕事の多い職業の方や主婦などの場合、ハンドクリームは冬の手荒れ対策として必需品ですよね。
でも実は、冬の乾燥に備えるためには、春や夏を通した「1年中のハンドケア」が大切なのです。

ハンドクリームのイメージ

「乾燥で困るのは冬なのに、なぜ1年中のハンドケアが必要なの?」と思われるかもしれませんね。
その理由を今からお話します。


1.そもそも普通のハンドクリームの効果って?



まず前提として、お肌の乾燥は当然「良くない状態」であり、それをもたらしている原因は、手肌の保湿力が低いことです。

そして、その状態の対症療法的なケアが、油分で手肌に蓋をすること、つまり油分の多いハンドクリームを手肌に塗ることなのです。

なので、一般的な冬用のハンドクリームは、油分が多くこってりしているのです。
つまり、お肌が乾燥に対して、「それ以上の水分の蒸発を防ぐため」に油分を補っているということです。

ハンドクリームの効果を説明する女性

しかし、大切なことは、「保湿力」をつけることです。
つまり、1年を通したハンドケアでバリア機能を高め、乾燥に強い手肌を作ることが大切なのです。

それには、単に油分の多いハンドクリームで水分の蒸発を防ぐだけではダメなのです。


2.乾燥に強い肌を作るハンドクリームとは?



ではどんなハンドクリームを使えばよいのかというと、

・バリア機能を高める保湿成分であるセラミドなどがしっかり入っている。
・加齢や紫外線に対応した、エイジングケア化粧品成分が入っている。
・春や夏にも使えるよう、さっぱりしたテクスチャーで香りなども楽しめる。
・刺激が少なく、安心して使える。

などの条件を満たしたハンドクリームです。

この条件を全て満たすハンドクリームが、ダマスクローズ高濃度配合ハンドクリーム「ナールスロゼ」です。

ロゼというのは、英語の「Rose」で、バラを意味します。
また、ダマスクローズというのはバラの女王と呼ばれる成分で、保湿、リラックス、紫外線吸収などハンドケアにとても有効です。

バラの保湿、リラックス、紫外線吸収などの効果を実感する女性

そして、芳醇な香りも楽しめることで有名です。
ナールスロゼには、そんなダマスクローズがなんと50%という超高密度で配合されています。

さらには、センチフォリアローズ、カニナバラ、イザヨイバラ、ノイバラといった4つのバラも同時に配合されたバラ中心の成分設計。

そんなナールスロゼは、べたつきがなくサッパリとしたタイプなので、春や夏でも気持ちよく使えます。
それだけではありません。

京都大学で開発されたコラーゲンを増やす注目のエイジングケア化粧品成分ナールスゲンや人型セラミド、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体などといったエイジングケアに良い成分が目白押し。

界面活性剤フリー、防腐剤フリーの化粧品なので誰でも安心して使えます。
1年を通したハンドケアのおすすめは、ダマスクローズ配合のハンドクリーム「ナールスロゼ」です。

エイジングケア化粧品で健やかで美しくお肌を保って、美肌生活を!

2017年02月05日

健やかで美しくお肌を保って、美肌生活を!


今回は綺麗の見方になってくれる素敵なアイテムを紹介したいと思います!
女性であれば、いつまでもキレイで若々しくありたいという方は多いと思います。

キレイで若々しくありたい女性

しかし、仕事や日常生活を送るなかで加齢とともに日々衰えてくるのが「お肌」ですよね。
特に、冬場になると肌の乾燥が酷くなるという方もいると思います。

そんないつまでもキレイな肌でいたい方や、乾燥肌でお悩みを持っている方へおすすめしたいスキンケア商品があります。

そのおすすめしたいスキンケア商品は、通販サイト「ナールスコム」さんが取り扱っている「ナールスピュア」というエイジングケア化粧品です。

「ナールスピュア」は、お肌の新陳代謝のサイクルに合わせて、保湿と弾力に必須のコラーゲン、エラスチン、HSP(ヒートショックプロテイン)47にアプローチすることで、自らのお肌の力を高めるお手伝いをしてくれますよ。

気になる方や、詳しい内容を知りたい方は通販サイトへアクセスしてみてくださいね。
エイジングケアならナールスコム

エイジングケアは、化粧品だけでは難しい?

2017年02月02日

エイジングケアは、化粧品だけでは難しい?



30代以上の女性をターゲットにした、テレビ、雑誌の広告や美容記事で目にしないことが無いほどのテーマと言えば、なんでしょうか?
それは、エイジングケアでないでしょうか?


1.エイジングケアってどんな意味?


言葉は良く耳にすると思いますが、「エイジングケア」ってどんな意味か、考えたことはありますか?
ズバリ、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味です。直訳ですね。

若い頃に、どんなにキレイなお肌であったとしても、生きている限り必ず年齢を重ねますし、それに伴って、お肌にもエイジングサインが出てきます。

早ければ20代から、多くの方は30代頃からお肌のハリやツヤの低下を感じるのではないでしょうか?
ちなみに私は30代半ばから、うすうす感じはじめ、40代になってお肌の老化を認めざるを得ない状態に・・・

無くなりはじめたハリを、20代の頃の状態に戻すことは無理にしても、せめて現状維持するために、エイジングケア化粧品を使っています。

エイジングケア化粧品

でも、エイジングケア化粧品だけでは、現状維持も難しいです。
なぜなら、老化の原因をエイジングケア化粧品だけでは対策できないからです。

例えば、お肌の表皮の乾燥などは、エイジングケア化粧品で対策可能です。
でも、お肌の老化の原因は、乾燥以外にも細胞の酸化や糖化、ホルモンの減少などといったことなどもあります。

そんなエイジングケアのABCをしっかり学ぶのに、超お勧めの情報サイトがあります。
それは、「エイジングケアアカデミー」というサイトです。

数あるメディアの中でも、1記事1記事が長いので有名(?)です。
ちょっと難しい内容もあるので読むのが大変ですが、美容やエイジングケアの情報があふれすぎていて、その中から本当に知りたい情報を見つけられなかったり、結局なにが正しいのかわからない状態になったことがある方には、とくにお勧めですよ。


2.どんな記事があるの?


エイジングケアに関する様々な詳しい情報が網羅されているので、例えば「たるみ毛穴」などのキーワードで検索したら、知りたい情報がきっと見つかります。

しかも、かなり詳しいことまで書かれています。
そんなエイジングケアアカデミーの記事の中から、最近の読んだ記事を少しご紹介します。

タイトルは「美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで」です。

美肌をもたらす食べ物

まずコンテンツだけご紹介すると、こんな感じです。

1.食べ物や飲み物で美肌になりたいあなたへ
2.美肌とその条件を理解しよう
 1)美肌とは、どんなお肌
 2)美肌の条件や要素って?
3.日本女性の美肌のためのエネルギー量は十分か?
 1)日本人女性の摂取エネルギーのトレンドは?
 2)日本人女性のやせすぎの割合は?
4.美肌のための栄養素と食べ物
 1)たんぱく質と美肌
 2)炭水化物と美肌
 3)脂質と美肌
 4)ビタミンと美肌
 5)ミネラルと美肌
 6)食物繊維と美肌
 7)ファイトケミカルと美肌
5.実践、食べ物で美肌をつくる
 1)7色の食べ物で美肌をつくる
 2)お肌悩みと栄養素
6.美肌のための飲み物と飲み方
 1)水で美肌をつくる
 2)飲み物で美肌をつくる
7.まとめ

どうですか?
コンテンツだけ見てみても、期待値が上がりませんか?

全部ためになる内容でしたが、個人的に注目したのは【4.実践、食べ物で美肌を作る】の【2)お肌悩みと栄養素】です。

乾燥肌、しみ、くすみ、しわやたるみなどのお肌悩み別に、おすすめの栄養素を書いてくれています。
美肌や健やかなお肌をキープするために、積極的に摂取したい栄養素と食べ物や飲み物を紹介してくれているので、是非読んでみてください。


3.まとめ


エイジングケアを本気で考えるなら、正しい知識を身に付けて、実践するのが一番の近道だと思います。

エイジングケアがうまくいっている女性

今回ご紹介した記事だけではなく、他の記事もお勧めなので、「エイジングケアアカデミー」のトップページから調べたいキーワードで、是非検索してみてくださいね!(^^)!

< 1 2 3 4 5 6 7 >
プロフィール
管理者:コスメの神

趣味:美容
特技:コスメ比較
2018年 12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集