肌のハリを取り戻すための美容液選び方のコツ

2018年10月16日

肌のハリを取り戻すための美容液選び方のコツ



肌のハリは加齢とともに失われていき、老け顔の原因になってしまいます。
そしてそんな肌のハリを取り戻したいと願う女性は多く、様々なスキンケアを実践しています。

中でも美容液は高い美容効果があり注目されていますが、実際に多種多様な種類の中から肌のハリに効果的な美容液とはどんなものなのでしょうか?

肌のハリに効果的な美容液とはどんなものか悩む女性

今回は肌のハリを取り戻したい女性におすすめのランキングの高い美容液の選び方を紹介していきます。


1.自分の年齢に合った美容液を選ぶ



肌は加齢とともに自身の持つ潤いを失っていってしまいます。
さらに活性酸素により肌が酸化してしまうと細胞が老化し、今までのような機能を果たさなくなってしまうのです。

30代頃から毛穴が縦に伸びてしまう、すぐ乾燥しやすくなる、頬がたるむなどのエイジングサインが出始めるころともいわれています。

そのため自分の年齢や肌の状態に合わせてエイジング効果のあるものが必要かどうかも確認しましょう。


2.美容成分を確認する



美容液に含まれている美容成分を確認し、自分の悩みを改善することができるかどうかを見てみましょう。
まず肌の乾燥により肌にしわができてしまっていたり、ダメージを受けやすくなっている場合は保湿効果の高いものを選ぶべきです。

保湿力の高い美容液

セラミドやコラーゲンなどの保湿成分を含まれているものがおすすめです。
特にヒト型セラミドは加齢とともに失われてしまったセラミドと似た形をしていてよりなじみやすです。

次に肌の老化が気になる方はアンチエイジング効果のあるものを選んでいきましょう。
ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、エラスチン、ビタミンE誘導体などが含まれているものにエイジングケア効果があります。

そしてそれらの美容成分の配合量も確認しておきましょう。どれだけ有効な成分が入っていても量が少ししか入っていなければ効果は期待できません。
できるだけ多いほうが効果は高いですが、1日の摂取目安量を超えないように注意が必要です。


3.安全性と添加物の量



毎日使用するものだからこそ安全性の高い美容液を選びましょう。
製造過程や製造工場などの安全性を必ずチェックしておくことがおすすめです。

安全性をチェックする女性

また添加物はできるだけ少ないことが肌にはより刺激が少なく効果が期待できます。
特に30代以降は肌に少しでもダメージを与えないために香料や着色料などの添加物が含まれていないものを選びましょう。

40代の化粧水の選び方

2018年10月08日

40代の化粧水の選び方



更年期に突入する1歩前の段階である40代女性は、本格的なエイジングケアを始めていることでしょう。

実は、エイジングケアを始める際にも、正しい化粧水の選び方があるのを知っていますか?
肌トラブルが深刻化する前に、40代のうちに老化を遅らせましょう。

今回は、40代の化粧水の選び方について解説します。


40代の女性


1.40代の化粧水は「シワ対策」ができるものを選ぼう



20代〜30代までは気にならなかった口元のシワは、徐々に深まっていませんか?
あるいは、額の真ん中辺りにくっきりと数本の横線が入っている女性もいるでしょう。

40代にさしかかる頃から、肌の水分量は減少し始め、表情の変化に合わせて入ったシワが消えにくくなります。

ここで必要になるのは、水分と皮脂を適度に補える化粧水です。

50代に突入してから“消えないシワ”に悩まなくて済むよう、40代から対策しておくことをおすすめします。

●40代のシワ対策に効く化粧水の成分

・コエンザイムQ10
・コラーゲン
・ペプチド

40代向け化粧水の写真


2.くすみ対策も40代から始めよう



若い頃に受けた紫外線ダメージは、40代以降に皮膚のくすみとしてあらわれます。
体内にメラニン色素が蓄積されることにより、透明感のない肌になってしまうのです。

あるいは、日頃の洗顔やクレンジングで落としきれなかったメイク成分が、肌に沈着した場合にも透明感は失われます。

ターンオーバーの乱れがちな40代では、肌のくすみを自然治癒できない場合がほとんどですので、美白効果のある化粧水で症状の改善を目指すのが1番です。

●肌のくすみに効く化粧水の成分

・アスコルビン酸
・アルプチン
・プラセンタエキス

上記のような美白成分は、肌をくすませるメラニン色素の発生を抑えるほか、体内に蓄積されたメラニン色素を排出させる効果があります。

そのため、ターンオーバーが乱れがちで肌の再生力が損なわれがちな40代女性でも、美白効果のある化粧水を使えば、くすみを撃退することができるわけです。

シワの深まりやくすみなど、40代女性を悩ませる肌トラブルは様々にありますが、いずれも化粧水選びにこだわることで解消できる症状です。

40代は、加齢による肌トラブルを食い止めるための大事な時期。
基礎化粧品を見直し、目的に応じて必要な成分を補給するように心がけましょう。

化粧水で美肌になった40代女性

口元のしわの対策

2018年09月24日

口元のしわの対策



笑う度に口元のしわが目立ち、周囲にも見られているように感じることがありませんか?
この1つが“ほうれい線”です。

表情筋の衰えた女性ほど口元のしわが目立ちやすく、エイジングによる肌悩みの1つにも挙がっています。
一方で、日頃のスキンケアにおける保湿不足のせいで乾燥肌を招き、口元のしわが深くなる女性もいます。

そこで今回は、口元のしわの対策方法について解説します。

口元のしわが気になる女性


1.口元のしわができる原因



老け顔のつきものである口元のしわの原因は、表情筋の衰え・エイジング・乾燥の3つ。
日頃から笑う回数が少ない人は、表情筋が衰えて肌がたるむことで、口元のしわが目立つようになります。

また、加齢が進むことでも皮膚が薄くなり、口元のしわが深くなることもあるのです。
この場合、くっきりとした深いほうれい線はもちろん、細かいものも入りやすくなります。

若いうちから口元のしわが出ている場合は、日頃の保湿不足が原因です。
冬場にだけクリームを塗り、ほかの時期にはスキンケアを怠っている女性は、10代〜20代から口元にほうれい線ができやすくなります。

口元のシワ対策の化粧品


2.自宅で簡単にできる口元のしわの対策



表情筋を鍛えて口元のしわを解消する女性もいますが、まずはスキンケアを改めましょう。
大抵の場合、30代に突入してから、ほうれい線が浮き出てくるようになります。

入浴後は、まず保湿クリームで十分に肌を潤してください。
顔周りの水分が不足した状態で、表情筋のエクササイズを行っても、乾燥小じわが増えるだけです。

また、エイジングが原因でできる口元のしわには、専用の化粧品で対策するのがおすすめ。
肌のハリと弾力をアップするためのビタミンC誘導体(APPS)や、コラーゲン配合の製品を積極的に使いましょう。

マッサージで口元のシワ対策を行う女性


3.日頃からよく笑う習慣をつけて口元のしわを減らそう



様々な原因でできる口元のしわは、エクササイズや保湿をすることで減らせます。
それ以上に、日頃からよく笑う習慣づくりをすることも大切です。

人と接するときに、仏頂面になってはいませんか?
ほんの少しの意識で笑顔は作れるのですから、これを機に励んでみましょう。

また、バラエティ番組などを見て大笑いすることで、エイジングの大敵であるストレスを減らした上で、口元のしわ対策もできます。

見た目年齢を10歳も老けさせる“ほうれい線”を解消し、みずみずしい肌質を取り戻しましょう。

口元のシワが消えた女性

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >
プロフィール
管理者:コスメの神

趣味:美容
特技:コスメ比較
2019年 04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集