カテゴリー: 保湿クリーム

1年中使えるエイジングケアハンドクリーム!ダマスクローズ配合のナールスロゼ

2017年02月21日

ダマスクローズ配合のナールスロゼ



「ハンドクリームといえば冬の手荒れケア!」という印象が強いですよね。
確かに冬は乾燥の季節であり、手肌も乾燥しがちです。

特に、水仕事の多い職業の方や主婦などの場合、ハンドクリームは冬の手荒れ対策として必需品ですよね。
でも実は、冬の乾燥に備えるためには、春や夏を通した「1年中のハンドケア」が大切なのです。

ハンドクリームのイメージ

「乾燥で困るのは冬なのに、なぜ1年中のハンドケアが必要なの?」と思われるかもしれませんね。
その理由を今からお話します。


1.そもそも普通のハンドクリームの効果って?



まず前提として、お肌の乾燥は当然「良くない状態」であり、それをもたらしている原因は、手肌の保湿力が低いことです。

そして、その状態の対症療法的なケアが、油分で手肌に蓋をすること、つまり油分の多いハンドクリームを手肌に塗ることなのです。

なので、一般的な冬用のハンドクリームは、油分が多くこってりしているのです。
つまり、お肌が乾燥に対して、「それ以上の水分の蒸発を防ぐため」に油分を補っているということです。

ハンドクリームの効果を説明する女性

しかし、大切なことは、「保湿力」をつけることです。
つまり、1年を通したハンドケアでバリア機能を高め、乾燥に強い手肌を作ることが大切なのです。

それには、単に油分の多いハンドクリームで水分の蒸発を防ぐだけではダメなのです。


2.乾燥に強い肌を作るハンドクリームとは?



ではどんなハンドクリームを使えばよいのかというと、

・バリア機能を高める保湿成分であるセラミドなどがしっかり入っている。
・加齢や紫外線に対応した、エイジングケア化粧品成分が入っている。
・春や夏にも使えるよう、さっぱりしたテクスチャーで香りなども楽しめる。
・刺激が少なく、安心して使える。

などの条件を満たしたハンドクリームです。

この条件を全て満たすハンドクリームが、ダマスクローズ高濃度配合ハンドクリーム「ナールスロゼ」です。

ロゼというのは、英語の「Rose」で、バラを意味します。
また、ダマスクローズというのはバラの女王と呼ばれる成分で、保湿、リラックス、紫外線吸収などハンドケアにとても有効です。

バラの保湿、リラックス、紫外線吸収などの効果を実感する女性

そして、芳醇な香りも楽しめることで有名です。
ナールスロゼには、そんなダマスクローズがなんと50%という超高密度で配合されています。

さらには、センチフォリアローズ、カニナバラ、イザヨイバラ、ノイバラといった4つのバラも同時に配合されたバラ中心の成分設計。

そんなナールスロゼは、べたつきがなくサッパリとしたタイプなので、春や夏でも気持ちよく使えます。
それだけではありません。

京都大学で開発されたコラーゲンを増やす注目のエイジングケア化粧品成分ナールスゲンや人型セラミド、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体などといったエイジングケアに良い成分が目白押し。

界面活性剤フリー、防腐剤フリーの化粧品なので誰でも安心して使えます。
1年を通したハンドケアのおすすめは、ダマスクローズ配合のハンドクリーム「ナールスロゼ」です。

プロフィール
管理者:コスメの神

趣味:美容
特技:コスメ比較
2018年 12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集