2018年06月

コーヒーのシミ予防効果とエイジングケア

2018年06月28日

コーヒーのシミ予防効果とエイジングケア



コーヒーといえば、エイジングケアやアンチエイジングに良い飲料です。

今回は、「コーヒーを飲むことで、シミを予防することができる可能性がある」という研究報告です。

コーヒーとシミについて関係をよく知らない女性

つまり、コーヒーには美肌効果があるのです。

この研究の対象となったのは、健康で非喫煙で、日常生活における日光には普通に当たっている日本人の30〜60歳女性131名です。

この研究報告は、昨年、ネスレ日本の福島 洋一氏らが医学雑誌「International Journal of Dermatology誌オンライン版で報告しています。

研究の結果、コーヒーおよびポリフェノール摂取量が多い人ほど顔のシミが少ないことが明らかになりました。

ポリフェノール摂取量が多い人ほど顔のシミが少ないことを説明する女性

試験は、アンケートで食事、飲料摂取、生活状況を確認するとともに、皮膚の状態については、皮膚の含水量、経表皮水分蒸散量および弾力性を測定し、デジタル写真を用いてしわとシミの評価を行っています。

その結果、

・コーヒーと総ポリフェノールを摂った量が多いほど、シミの評価スコアが有意に低かった。
・総ポリフェノール摂取量が高値である人の上位1/3被験者は、紫外線によるシミの評価スコアが最も低かった。

そうです。

今回も酸化を取り上げていますが、紫外線によるしわやシミも活性酸素の影響を受けたものです。
コーヒーには多くのポリフェノールが含まれていますが、今回の研究結果からは、抗酸化作用を発揮したことが伺えます。

飲みすぎは良くないと思いますが、コーヒーを飲むこともエイジングケアの1手段となりそうです。

インナードライ肌の予防や改善方法は?

2018年06月14日

インナードライ肌の予防や改善方法は?



この記事では、インナードライ肌の改善方法をご紹介します。

インナードライ肌に悩む女性

<キーメッセージ>
 お肌表面がテカっているからといって、オイリー肌のスキンケアをすると、ますます悪化してしまうのが、インナードライ肌です。インナードライ肌の原因は、乾燥であるので、スキンケアでは、紫外線ケアや保湿を行うことが大切です。


<構成>
1.インナードライ肌が気になるあなたへ
2.インナードライ肌って、どんなお肌?
3.簡単!インナードライ肌チェックをしてみましょう
4.インナードライ肌の原因は?
5.インナードライ肌を改善するためにやってはいけないこと
6.インナードライ肌を改善するためにやるべきスキンケア
7.インナードライ肌のエイジングケア化粧品の選び方
8.まとめ


<要約>
 私は、月1回、よもぎ蒸しに通っています。すごく汗をかくことができて気持ちいいですし、いろいろなよい効果があります。
ところで、夏に向けて汗をかきやすい季節になりますが、汗とともに気になるのが、皮脂によってお肌がテカることではないでしょうか。

お肌のテカりに悩む女性

 そんなお肌のテカリが気になる人の中には、オイリー肌ではなく、実はインナードライ肌の方もいらっしゃいます。
そんなインナードライ肌である方の中で多いのは、冬から春にかけて乾燥されていた方です。

これからの時期は皮脂が増えるので、オイリー肌だと勘違いしてしまうのです。
私が接客の仕事をしていた時でも、ご自身がインナードライに気づいていないお客様がいらっしゃいました。

インナードライ肌であるかどうかの見分け方は、洗顔後、皮脂が浮いてきたのにつっぱるようなお肌状態であること、お肌表面がごわついて、透明感がない等、このような場合は、インナードライ肌である可能性があります。

 「インナードライ肌」とは、バリア機能低下やターンオーバーの乱れにより、角質層のお肌の水分量が少なくなり、その水分を守る為、お肌が皮脂を過剰に分泌している状態なので、その本質は、乾燥肌なのです。

 乾燥が原因であるインナードライ肌の人が、あぶら取り紙で皮脂を取ったり、洗顔でごしごし洗う等のスキンケアをすると、かえって皮脂が過剰に出てしまいます。
そのようなスキンケアではなく、乾燥を悪化させないためにも紫外線ケアや保湿力を取り戻して水分を保持し、バリア機能を正常化することが必要です。

インナードライ肌の方のためのスキンケアポイントを説明する女性

その為のスキンケアのポイントは、皮脂を取りすぎないようにやさしいクレンジングや洗顔を行うこと、水分保持すること、水分の蒸発を防ぐことが大切です。
つまり、化粧水などで水分を与えるだけではなく、美容液や保湿クリームを使った保湿を行うことが必要なのです。

そんなインナードライ肌の方におススメしたいのが、エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」。
ヒト型セラミドで、お肌のバリア機能、保湿をサポート。ナールスゲンとビタミンC誘導体の相乗効果で、コラーゲンやエラスチンをサポートし、ハリ・弾力のある肌に導きます。

プロフィール
管理者:コスメの神

趣味:美容
特技:コスメ比較
<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集